IPOEサービスイメージ

 

OCN IPoEサービスイメージ

アクセスラインまでOCNが一元的に提供する「OCN 光 IPoE」、アクセスラインは別途お客さまで手配いただく「OCN光「フレッツ」IPoE」の2種類のサービスから選択いただけます。

さらに、標準プランから3倍の帯域設計(従来サービスの6倍)のワイドプラン。
ワイドプランならではの特長として、Windows Updateによる通信をそのほかの業務用の通信から分離。安定した通信が可能になります。

IPoE vUTMセット はIPoEインターネット接続とクラウド化されたUTMをセットで提供。アップデートや保守はNTT Comが行うため、常に最新のセキュリティ対策を実現。クラウド利用時のセキュリティ対策にも最適です。

通信内容を暗号化、高速な通信を可能に

IPoEを使ったインターネット接続は、従来のPPPoE方式とは異なる通信網や通信設備を経由します。これはいわば、利用者が増えて渋滞している道路とは別に、新しい道路ができた状態です。混雑した道路を避けるように、スムーズな通信が可能なのです。 従来のPPPoE通信と、次世代のIPoE通信の経路を分散させることにより、IPoEではより高速なインターネット通信を可能にしています。

OCN光 IPoEサービス

OCNでは、PoE方式を採用しIPv6通信およびIPv4通信の両方が利用できる新たなインターネット接続サービスを提供しています。 IPoE方式は、従来のPPPoE方式より大容量化した設備を利用するため、混雑しにくいネットワーク構成となっています。

IPOEは接続設備の大容量化により、従来の接続方式に比べ収容設計の平均値が2倍

さらに、混雑の原因となりやすい個人のお客さま向けサービスのトラフィックを論理的に分離することで、ビジネスで必要となる、高速で安定したインターネット利用環境を提供することが可能です。

また、従来サービス比2倍の帯域設計となる「標準プラン」と、従来サービス比6倍の「ワイドプラン」があり、「ワイドプラン」では、Windows Updateによる通信を業務用の通信から分離できるため、Windows Updateが実行されている間でも、他の通信が安定して利用できるようになります。 さらに、クラウド型セキュリティ機能をパッケージ化した、「OCN光 IPoE vUTMセット」も提供。 推奨のセキュリティポリシーがあらかじめ設定されているため、複雑な設定をすることなく安心してインターネット接続を開始することができます。

設定が簡単

IPoEのメリットとして設定が簡単なことがあります。

。電話回線でのインターネット接続を前提に作られた従来のPPPoEでIPv6に接続しようとした場合、これまではユーザー側で「ホームゲートウェイ(HGW)」や「トンネル対応アダプター」といった通信機器を通す必要がありました。さらに、接続時にはユーザー名とパスワードを入力して、認証設定を行わなければならないなどの手間もかかりました。

しかし、 IPoEでは、直接インターネットに接続を行うため、接続する際にユーザー名とパスワードを入力する必要もなく、簡単な設定でインターネットに接続することができます

また、後述するIPv4 over IPv6技術により、ユーザーが切り替えを意識することなく、IPv4(PPPoE)とIPv6(IPoE)を同時に利用できます。

クラウド利用に対応した大容量通信

IPoEでは、PPPoE方式に比べてネットワーク構成(データの通信経路)がシンプルになりました。混雑に強く信頼性の高いネットワークサービスは、オンラインストレージなどのクラウド利用による大容量の通信にも耐えうる品質を保てるのです。