IPoEとは

「IPoE」は「次世代インターネット接続環境」といわれ、 これからスタンダードとなる回線方式です。 従来のPPPoE方式に比べて大容量で、通信が混雑することなくスムーズに行われ、快適で安定した接続環境のため、法人向け回線としても大きなメリットがあります。

IPoEの特徴

次世代インターネット接続環境であるIPoEは、これまでの接続サービス(PPPoE方式)にはないメリットや優れた特徴を備えています。まずは、通信方式の種類やそれぞれの違いについて説明します。

新たな通信方式であるIPoEとPPPoEの違い

「IPoE」とは、フレッツ網からインターネットに接続するための新しい接続方式のひとつで、ほかにも従来型の「PPPoE」という接続方式があります。

IPoE:IP over Ethernetの略。イーサネットを使ってIPパケットを伝送するインターネットの通信方式

PPPoE:Point-to-Point Protocol over Ethernetの略。イーサネットを使ってPPPというプロトコルを伝送する通信方式。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されています。

PPPoE方式とIPoE方式との違いイメージ

 

PPPoE方式

IPoE方式

セッション制約

NTEに収容できるセッション数による

GWRにはセッションの概念なし

認証方法

RADIUSによるユーザ認証

⇒ID/パスワードを照合(事業者/RADIUSホスティング)

回線認証

⇒ID/パスワードが不要

IPv6アドレス割当

RADIUS/NTEでIPv6アドレス付与(動的)

保有アドレスをNTT東西経由でユーザに付与

(半固定)

トラフィック制約

NTEの上位I/F速度に依存
(最大 東:1Gbps/西:2Gbps)

GWR のI/F速度に依存
(最大100Gbps)

専用端末(ユーザ)

IPv6アダプタ搭載のHGW

v6オフロード利用時は不要。

v4 over v6利用時は別途専用端末要。

説明 かつて、個人宅からインターネットに接続する場合、電話回線からダイヤルアップし、プロバイダー(ISP)を介してインターネットに接続していました。このとき、接続のために用いられていたのが「PPP(Point-to-Point Protocol)」と呼ばれる技術です。その後、通信技術が発達し、ADSLなどの高速回線が登場するようになって、PPPをLANの規格であるイーサネット(Ethernet)上でも使う必要が出てきました。こうして誕生したのが「PPPoE(PPP over Ethernet)」です。IPv4 PPPoE方式では、ユーザー側にルーターやアダプターなどの通信機器を設置する必要があります。 IPoEは「IP over Ethernet」の略で、企業内のLANなどと同じやり方で直接インターネットに接続する方式です。PPPoEでは、電話回線を前提とした技術をイーサネットに応用しましたが、IPoEは最初からイーサネットを用いる前提で考えられています。そのため、PPPoEのように専用の通信機器を必要とせず、接続事業者(VNE=仮想通信提供事業者)を介してシンプルにインターネットに接続できるメリットがあります。

 

 

ほぼ無制限のIPアドレス

PPPoE(IPv4)で作られるIPアドレスの数は約43億個ありますが、2017年の世界人口白書によれば、世界の総人口は約75億人で、IPv4では1人あたり1つのIPアドレスも使えない計算になります。さらに、パソコンやスマートフォンだけでなく、テレビやスマートスピーカーなど、インターネットに接続する機器は増え続けており、今後は1人1つ以上のIPアドレスが必要になると考えられます。 一方、IPoE(IPv6)では、IPアドレスを128ビットで表すことにより、340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456個(約3.4×10の38乗個)のIPアドレスを用意することができ、これはIPv4アドレスの2の96乗倍となります。前述の世界総人口75億人でこの数字を割れば、1人あたり約4.5×10の28乗となり、これは事実上、無制限のIPアドレスがあると考えても良いでしょう。

通信内容を暗号化、高速な通信を可能に

IPoEを使ったインターネット接続は、従来のPPPoE方式とは異なる通信網や通信設備を経由します。これはいわば、利用者が増えて渋滞している道路とは別に、新しい道路ができた状態です。混雑した道路を避けるように、スムーズな通信が可能なのです。 従来のPPPoE通信と、次世代のIPoE通信の経路を分散させることにより、IPoEではより高速なインターネット通信を可能にしています。

OCN光 IPoEサービス

OCNでは、PoE方式を採用しIPv6通信およびIPv4通信の両方が利用できる新たなインターネット接続サービスを提供しています。 IPoE方式は、従来のPPPoE方式より大容量化した設備を利用するため、混雑しにくいネットワーク構成となっています。

IPOEは接続設備の大容量化により、従来の接続方式に比べ収容設計の平均値が2倍

さらに、混雑の原因となりやすい個人のお客さま向けサービスのトラフィックを論理的に分離することで、ビジネスで必要となる、高速で安定したインターネット利用環境を提供することが可能です。

また、従来サービス比2倍の帯域設計となる「標準プラン」と、従来サービス比6倍の「ワイドプラン」があり、「ワイドプラン」では、Windows Updateによる通信を業務用の通信から分離できるため、Windows Updateが実行されている間でも、他の通信が安定して利用できるようになります。 さらに、クラウド型セキュリティ機能をパッケージ化した、「OCN光 IPoE vUTMセット」も提供。 推奨のセキュリティポリシーがあらかじめ設定されているため、複雑な設定をすることなく安心してインターネット接続を開始することができます。

設定が簡単

IPoEのメリットとして設定が簡単なことがあります。

。電話回線でのインターネット接続を前提に作られた従来のPPPoEでIPv6に接続しようとした場合、これまではユーザー側で「ホームゲートウェイ(HGW)」や「トンネル対応アダプター」といった通信機器を通す必要がありました。さらに、接続時にはユーザー名とパスワードを入力して、認証設定を行わなければならないなどの手間もかかりました。

しかし、 IPoEでは、直接インターネットに接続を行うため、接続する際にユーザー名とパスワードを入力する必要もなく、簡単な設定でインターネットに接続することができます

また、後述するIPv4 over IPv6技術により、ユーザーが切り替えを意識することなく、IPv4(PPPoE)とIPv6(IPoE)を同時に利用できます。

クラウド利用に対応した大容量通信

IPoEでは、PPPoE方式に比べてネットワーク構成(データの通信経路)がシンプルになりました。混雑に強く信頼性の高いネットワークサービスは、オンラインストレージなどのクラウド利用による大容量の通信にも耐えうる品質を保てるのです。

注意しておきたいセキュリティ問題

IPoEでは、グローバルIPアドレスをほぼ無制限に割り当てることができますが、これは同時に外部からもアクセスが可能になることを意味しています。 IPSecによるデータの暗号化だけでなく、ファイアウォールによる適切なフィルタリングなど、通信経路のセキュリティ対策が必要であることに注意しましょう。