OCNにおける事業者変更について

OCN光への事業者変更についてご紹介します。

事業者変更とは?

他社でご利用中の光回線やひかり電話番号をそのまま移行できるため工事料や工事の立ち合いが不要で契約先を変更できます。

事業者変更のイメージ

以下の方も変更いただけます。

・光回線とプロバイダーの契約が別々の方

・OCN以外の光回線で、プロバイダーはOCNご利用の方

<事業者変更について>

光コラボレーション事業者の光回線およびオプションサービス(NTT東日本・西日本より提供を受けたものに限ります)をご利用されているお客さまが、新たな工事を実施することなく、他の光コラボレーション事業者にご契約の変更が可能です。 事業者変更のお手続きにより、光コラボレーション事業者が提供する「ひかり電話」の電話番号も継続してご利用になれます。

OCN 光への事業者変更について

他の光コラボレーション事業者が提供する光回線からOCN 光にご契約を変更することをいいます。

ご用意いただくもの

・事業者変更承諾番号

・ご契約中の事業者での契約名義 (※NTT東日本エリアのお客さまのみ )

・お客さまID(CAFから始まるID) (※NTT西日本エリアのお客さまのみ)

必要な費用

事務手数料(契約料) 3,000円

OCN 光への事業者変更のご注意事項

●取得された事業者変更承諾番号の有効期限は15日間です。事業者変更承諾番号の有効期限内に弊社へのお申し込み手続きをお願いします。有効期限を過ぎた場合には、あらためて事業者変更承諾番号の取得が必要となります。

●事業者変更には事務手数料(契約料)として3,000円がかかります。事業者変更完了後、翌々月までにご請求させていただきます。

●変更元事業者で「ひかり電話」、「フレッツテレビ」、「リモート・サポートサービス」をご利用の場合、「OCN 光」と合わせて自動的に事業者変更されます。この場合、提供元はNTTコミュニケーションズとなり、サービス内容が一部変更となる場合があります。

●変更元事業者で「24時間出張修理オプション」をご利用の場合、事業者変更に伴い本オプションサービスの提供元はNTT東日本・西日本に変更となります。NTT東日本のWebサイト・NTT西日本のWebサイトも合わせてご確認ください。

●変更元事業者との契約は、「OCN 光」への事業者変更手続きが完了した日(以下、事業者変更日)をもって解約となります。お客さまの契約内容や事業者変更手続きのタイミングにより、各社が定める違約金がかかる場合があります。詳細は、変更元事業者へご確認ください。

●事業者変更と同時の契約内容変更(ご利用中の光サービスメニュー/オプションサービスの変更など)はできません。「OCN 光」への事業者変更日以降に、別途お申し込みください。

●その他、OCN 光や事業者変更について、OCN 光「重要事項説明」をご確認・ご同意のうえ、お申し込みください。

●事業者変更に伴い、変更元事業者で適用されていた各種割引サービスおよびキャンペーンは終了となります。お客さまが保有していたポイントが廃止となる場合がありますのでご注意ください。