OCNプロバイダ申込

インターネット

付加サービス

プロバイダ

光コラボ・転用

OCNプロバイダ

  • OCNお申し込み・お問い合わせ
  • OCN料金一覧
  • OCNforVPNライト
  • OCN光
  • OCN光v6アルファ
  • OCN光 フレッツ光ネクストギガスマートタイプ(東日本)
  • OCN光 フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼
  • OCN光フレッツファミリータイプ
  • OCN光フレッツマンションタイプ
  • OCN光フレッツライト
  • OCNADSLフレッツ
  • OCNダイヤルアクセス
  • OCNモバイル系サービス
  • OCN オプションサービス
  • OCN v6アルファ
  • ひかりTV
  • プラン変更手続き
  • OCN2年割申込

OCNビジネス 固定IP ホスティング

  • 固定IPサービス
  • OCN 光フレッツIPoE
  • 独自ドメイン/ホスティング
  • cloudnクラウドエヌ

ストレージクラウドサービス

映像サービス

電話サービス

会社案内

  • 届け出番号
  • 携帯電話専用サイト
  • エアトランク クーポンコード259738
  • 地震保険申請サポート
  • 新型肺炎相談窓口
  • 災害時用伝言ダイヤル

OCN メール

OCNメールはPC、スマートフォン(iPhone / Android)からWebブラウザー、またはメールソフトを利用して簡単にメールの送受信が行えるサービスです。

安心・・・迷惑メールやウイルスメールを自動的に隔離!

便利・・・メールBOXの最大容量は10GB*1で保存期限は無制限、PC・スマートフォンで
ご自宅以外もチェック可能。

安全・・・NTTコミュニケーションズが運営するOCNがメールをお預かり。

メリット

ブラウザー一つでWebメールにログインして、どこでもメールチェック・返信・作成が可能。

10GB*1のメールBOX。メールの保存期限は無制限。

迷惑メールブロックサービス/メールウイルスチェックサービスなど、OCNのセキュリティサービスも利用可能。

メールソフトを利用したメールの送受信も可能。*2

料金

利用料金

無料

サービス提供条件

下記のサービスに契約されていること

個人向けサービス

■対象プラン

OCN 光 ファミリー

OCN 光 マンション

OCN for ドコモ光

OCN 光 with フレッツ

OCN 光 「フレッツ」

OCN ADSL 「フレッツ」

OCN モバイル ONE

OCN モバイル エントリー d

OCN モバイル d

OCN ダイヤルアクセス

OCN バリュープラン

これからOCNをご契約になるお客さま

本サービスは、OCNご契約者向けのオプションサービスです。

OCNご加入は以下よりお申し込みください。

OCNお申込み

メールの保存や容量制限など

OCNメールの保存期間や保存通数、容量制限などの基本仕様をご案内します。

最大容量

10GB*1

※ 最大容量が10GB*1を超えると、メールサーバーはメールを受け取らず、送信元のメールアドレスに対してエラーメールを送信します。

保存通数

制限なし

保存期間

無期限

一度に送信可能な
メールサイズ

100MB

※ OCNメール(Webメール)を使用する場合の最大メールサイズです。
OCNメール(Webメール)を使用しない場合、「送信ウィルスチェックサービス(無料)」の機能により、一度に送信可能なメールサイズは10MBになります。

大きな容量のデータを送りたい 

*1 リニューアル完了後の容量となります。リニューアル前の環境では1GBです。

*2 一部のメールソフトではご利用いただけない場合がございます。その際はWebメールをご利用ください。

よくある質問

OCNメールって何ですか?

パソコンやスマートフォンなどのWebブラウザーやメールソフトから、メールの送受信を行うことができる サービスです。外出先や移動中にもメールチェックを行うことができます。

どうすればOCNメールが利用できますか?

OCNご契約中のお客さまであれば、ご利用いただけます。

料金はいくらですか?

料金はかかりません。無料でご利用いただけます。

【参考 】フリーメールの脆弱性について

・フリーメールのアドレスでは十分な本人確認ができないため、インターネットオークションなどへの出品ができない。(サイトによってはオークションの入札すらできないこともある。)

・大手企業のウェブサイトで開設されている掲示板でメールアドレスによる認証を取り入れている場合フリーメールを用いての書き込みができない。

・送信先のPCにあるメールソフトの設定によっては、フリーメールによるメッセージの受信を拒否され、削除される可能性がある(フリーメールではいたずらとみなされる可能性がある)

・サーバーがダウンするか、アクセスの殺到によりメールがすべて消えたり、受信が遅延するなどの障害が発生しても、提供者は一切の責任を負わない。

・ 図書館や役所など公共の施設に設置されたPCからでは、フィルタリングでアクセスできないように設定されることがある。

・多くのフリーメールサービスは、送信するメールの末端に企業の広告が自動挿入される。だたし、有料サービスに加入すると広告が消去される。

 

-----ウィキペディアより抜粋----