オンラインでお申込

インターネット

  • フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼はやぶさ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ
  • ハイスピードタイプ(西日本)
  • フレッツ光ネクスト
    • NGNとは
    • サービスの特徴
    • ファミリータイプ
    • マンションタイプ
    • ビジネスタイプ
    • 光ネクストの料金
    • 東日本エリアの料金
    • 西日本エリアの料金
    • 開通に必要な機器
    • 開通までの流れ
    • よくある質問
    • Bフレッツとの比較
  • フレッツ光ライト
  • フレッツ光ライト 西日本
  • フレッツADSL
  • フレッツISDN
  • 光ネクストプライオ
  • フレッツ光ネクストビジネスタイプ
  • 光・ADSLどっち?

付加サービス

  • ひかり電話
  • 光ステーション
  • 光ポータブル
  • 光iフレーム
  • フレッツ・スポット
  • フレッツ・スポット
  • リモートサポートサービス
  • フレッツ・ウィルスクリア
  • ライセンスプラス
  • フレッツ・ミルエネ
  • フレッツ・エコめがね

ストレージクラウドサービス

映像サービス

OCNプロバイダ

OCNビジネス 固定IP ホスティング

電話サービス

会社案内

  • 携帯電話専用サイト
  • スマートフォン専用サイト
災害時用伝言ダイヤル

Bフレッツとフレッツ光ネクスト、ギガスマートタイプの比較表

フレッツ光ネクストギガスマートタイプ
いよいよwi-fiまでギガスピードへ フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼

 

項目 ギガスマートタイプ(東日本) フレッツ光ネクスト Bフレッツ(新規受付終了)
ファミリータイプ料金 ギガファミリー・スマートタイプ:4,900円 ファミリー・ハイスピード(東):4,400円
隼ファミリー(西):3,610円
ハイパーファミリー:4,400円
サービス品目
※1
ギガファミリー・スマートタイプ
ギガマンション・スマートタイプ
ファミリータイプ
マンションタイプ
ビジネスタイプ
ハイスピードタイプ(東日本)
ハイスピードタイプ(西日本)
スーパーハイスピードタイプ隼(西日本)
・ハイパーファミリータイプ
・マンションタイプ
・ベーシックタイプ
・ビジネスタイプ
・エンタープライズタイプ
・ワイヤレスアクセスタイプ
(アドバンスドサポート)
お申込みページヘ ギガスマートタイプ申込 フレッツ光ネクスト申込
新規受付終了
契約料
※6
800円(1契約ごと) 800円(1契約ごと) 800円(1契約ごと)
工事費用
※7
フレッツ光ネクストと同じ ・基本工事費
・交換機工事費等
・基本工事費
・交換機工事費等
収容ネットワーク
※2
NGN網 NGN網 フレッツ網
品質確保(QoS)
イメージ
通信方式 ベストエフォード+帯域確保(通信種類による) ベストエフォード+帯域確保(通信種類による) ベストエフォード
マンション品目 プラン1、2、ミニ
(VDSL、LAN、光配線)
プラン1、2、ミニ
(VDSL、LAN、光配線)
・ミニ(VDSL、LAN)
・プラン1、2(VDSL、LAN)
・ミニハイパー(光配線)
・プラン1ハイパー(光配線)
・プラン2ハイパー(VDSL、LAN,光配線)
ユーザー通信速度 概ね1Gbps 100Mbps
ハイスピード 200Mbps
ビジネス、隼 概ね1Gbps
100Mbps

セッション数
※3

全品目2セッション 全品目2セッション ビジネスタイプ:4セッション
その他の品目:2セッション
IPv6対応
※4
IPv6トンネル対応アダプタ等が別途必要 標準対応 フレッツドットネット経由で対応
※H20.3よりBフレッツみ標準対応
端末台数
※5
制限なし 制限なし ・ハイパーファミリー:5台
・マンション:5台
・ベーシック:10台
・ビジネス:50台
フレッツ接続ツール
対応OS

・Windows2000以上
・MacOS10.4/MacOS10.5

・Windows2000以上
・MacOS7〜9
・Windows95以上
・MacOS7〜9
オプション 従来の「フレッツ 光ネクスト」にて利用可能な各種オプションサービスを利用可能
ひかり電話
現行フレッツサービスをキャッチアップ及びNGN新サービスを提供
ひかり電話
ひかり電話
・フレッツ・ウイルスクリア
利用接続端末 NGN対応のONU、VDSL等で接続 NGN対応のONU、VDSL等で接続 ONU、VDSL

アクセス回線のBフレッツとの変更点・ポイント

1. 3タイプでの提供 ベーシック、ワイヤレスタイプはなし
2. フレッツ網(地域IP網)とNGN網は別収容となる

3. セッションの追加はオプション(有料)で提供

4. 利用OS及び接続端末もIPv6に対応している必要あり

5. 品目ごとの端末制限を撤廃

6. Bフレッツからフレッツ光ネクストへの移行際の契約料は不要

7. Bフレッツからフレッツ光ネクストへの移行工事費は有料
(工事費無料キャンペーンにより移転扱いの場合は無料)