ナンバーディスプレイのお申込み・お問い合わせ

ナンバーディスプレイ

 

ナンバーお知らせ136とは

受話器を上げて[136]に続けて[1]をダイヤルすると、最後にかかってきた電話の日時と電話番号を音声でお知らせします。 ご利用毎に利用料金[30円(税抜)/回]をいただくタイプのサービスです。
※事前のお申し込みは不要です。
※電話番号を通知しない通話、公衆電話からの通話、国際電話などは、電話番号をお知らせすることはできません。

ナンバーお知らせ136

ご利用方法

最後にかかってきた電話番号などが、電話に出た場合も、出なかった場合も弊社交換機の番号登録リストに記録され、お知らせの対象となります。
さらに、相手の方から電話番号が通知されていた場合は、上記図のとおり、電話番号をダイヤルすることなく、簡易に折り返し発信が可能です。
また、留守番電話にメッセージが残っていない場合など相手の特定できない着信に対しても、電話番号を確認した後、折り返し電話をかけることができて便利です。



電話番号を通知しない通話、公衆電話からの通話、国際電話などは、電話番号をお知らせすることはできません。
※その場合、利用料金はかかりません。
公衆電話からの
通話の場合
○○月○○日午前/午後○○時○○分に着信がありました。相手の方が公衆電話からおかけになっているため、電話番号をお知らせできません。この記録を消去する時は数字の「9」を押してください。
電話番号を通知しない
通話の場合
○○月○○日午前/午後○○時○○分に着信がありました。相手の方が電話番号を通知されていないため、お知らせできません。この記録を消去する時は数字の「9」を押してください。
国際電話など電話番号を
通知できない通話の場合※
○○月○○日午前/午後○○時○○分に着信がありました。相手の方の電話からは番号を通知できないため、お知らせできません。この記録を消去する時は数字の「9」を押してください。

ガイダンス
『最後にかかってきた相手方の電話番号をお知らせする場合、 数字の「1」を押してください。』

ガイダンス
※この時点で利用料金30円(税抜)がかります。

ガイダンス
最後にかかってきた電話の日時と 相手の電話番号をお知らせします。
『例)4月18日午前11時5分に 「0301234567」(*)から着信がありました・・・』
*最後にかかってきた電話番号

ガイダンス
最後にかけてきた相手に折り返し電話をします。
※折り返し電話をするときは通常の通話料がかかります。

ご利用上の注意

●ご利用いただけるのは加入電話(単独電話、ただしピンク電話を除く)をご契約いただいて いるお客さまに限ります。INSネットではご利用になれません。
●一部ご利用いただけない地域があります。
●ダイヤルイン、ダイヤルQ2(IP側)、オフトーク通信サービス(センタ側)、ノーリンギング通信サービス(センタ側)、トーキー案内装置、メンバーズネット※(オンネット利用時)、テレ ゴング※、テレドーム※などをご契約のお客さまはご利用になれません。 ※NTTコミュニケーションズ(株)が提供するサービスです。
●ナンバー・アナウンスをご契約のお客さまは、従来通り定額制でのご利用になります。(ナンバーお知らせ136はご利用になれません)
●INSネット、ディジタル方式の自動車電話・携帯電話、PHS、IP電話、中継系電話会社お び、地域系電話会社(一部除く)から発信された通話もお知らせの対象となります。
●弊社の電気通信設備の保守または工事上やむを得ないときは、記録されている発信電話番号等を消去させていただくことがあります。
●一度お聞きになった記録を再度お聞きになる場合、新たにご利用料金はかかりません。
●ご利用料金は1ヶ月分の合計額を、ダイヤル通話料等に加えて毎月の請求書でご請求いたします。
●通信機器(PBX、ビジネスホンなど)の機種および、その設定によっては「136」をつけてダイヤルした場合、発信規制機能、料金管理機能、ACR機能などが働かなくなる場合がありますので、各メーカもしくは、各中継系電話会社などへお問い合せください。
●サービスのご利用にあたっては、総務省(旧郵政省)の定める「発信者情報通知サービス利用における個人情報の保護に関するガイドライン」を遵守してください。
●本使用説明書に記載されているご利用料金については、サービス毎の消費税込みの総額を併記しています。複数のサービスをご契約の場合は、お手元で計算された金額と実際の請求金額が異なることがあります。