オンラインでお申込

インターネット

  • フレッツ光ネクスト ギガスマートタイプ(東日本)
  • フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼はやぶさ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ
  • フレッツ光ライト
  • フレッツ光ライト 西日本
  • フレッツADSL
    • サービスメニュー
    • 総合
    • モア47Mタイプ
    • エントリー1M(東日本)
    • フレッツADSLの料金
    • 東日本エリア
    • 西日本エリア
    • フレッツADSLプラン選び
    • ぷららADSLセット
    • 加入電話未設置の方
    • 開通までの流れ
    • よくある質問
  • フレッツISDN
  • フレッツ光ネクストビジネスタイプ
  • 光・ADSLどっち?

付加サービス

  • ひかり電話
  • 光ポータブル
  • 光iフレーム
  • フレッツ・スポット
  • フレッツ・スポット(西日本)
  • リモートサポートサービス
  • フレッツ・ウィルスクリア
  • ライセンスプラス
  • フレッツ・ミルエネ
  • フレッツ・エコめがね

映像サービス

ストレージクラウドサービス

OCNプロバイダ

OCNビジネス

電話サービス

会社案内

  • 携帯電話専用サイト
  • スマートフォン専用サイト
災害時用伝言ダイヤル

お客さま宅からNTT収容ビルまでの伝送損失

 

47Mのプランでご契約された場合の伝送損失の数値ごとの速度目安になります。

0〜10デシベル 11〜20デシベル 21〜30デシベル
31〜40デシベル 41〜50デシベル 51デシベル以上

 

お客さま宅から収容局までの伝送損失が0〜10dBの場合

 

◆約85%のお客さまが、20Mbps以上の下り伝送速度でご利用しています。

◆約84%のお客さまが、2Mbps以上の上り伝送速度でご利用しています。

 

 

お客さま宅から収容局までの伝送損失が11〜20dBの場合

 

◆約69%のお客さまが、20Mbps以上の下り伝送速度でご利用しています。

◆約82%のお客さまが、2Mbps以上の上り伝送速度でご利用しています。

 

お客さま宅から収容局までの伝送損失が21〜30dBの場合

 

◆約75%のお客さまが、5〜15Mbps以上の下り伝送速度でご利用しています。

◆約69%のお客さまが、1〜2Mbps以上の上り伝送速度でご利用しています

 

 

お客さま宅から収容局までの伝送損失が31〜40dBの場合

◆約63%のお客さまが、2〜6Mbps以上の下り伝送速度でご利用しています。

◆約69%のお客さまが、1〜2Mbps以上の上り伝送速度でご利用しています。

光回線の検討をおすすめします!

伝送損失31dB以上の場合、最大速度が4M以下となり、無線でのインターネットに多少の不安が。快適なインターネットのためには、光回線への検討ラインとなります。

フレッツ光について詳しくはこちらから

お客さま宅から収容局までの伝送損失が41〜50dBの場合

 

◆約63%のお客さまが、1〜3Mbps以上の下り伝送速度でご利用しています。

◆約72%のお客さまが、0〜1Mbps以上の上り伝送速度でご利用しています。

光回線をおすすめします!

伝送損失41dB以上の場合、最大でも2M以下の回線スピードとなり、動画の閲覧などが不安定になります。デジカメで撮った画像などをやり取りするとき不安定な回線は考えもの。また無線でのインターネットはおすすめいたしません。

快適なインターネットのためには、光回線をおすすめいたします。

フレッツ光について詳しくはこちらから

お客さま宅から収容局までの伝送損失が51dB以上の場合

 

◆約72%のお客さまが、0〜2Mbps以上の下り伝送速度でご利用しています。

◆約88%のお客さまが、0〜1Mbps以上の上り伝送速度でご利用しています。

 

光回線でインターネットを利用しましょう。

伝送損失51dB以上の場合、最大でも1M程度の回線スピードとなり、動画の閲覧では待ち時間が発生したり、途中で止まることが多くなります。また無線でのインターネットはおすすめいたしません。

これからインターネットをはじめる方は、光回線をおすすめいたします。

フレッツ光について詳しくはこちらから