オンラインでお申込

インターネット

  • フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼はやぶさ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ
  • フレッツ光ライト
  • フレッツ光ライト 西日本
  • フレッツADSL
    • サービスメニュー
    • 総合
    • モア47Mタイプ
    • エントリー1M(東日本)
    • フレッツADSLの料金
    • 東日本エリア
    • 西日本エリア
    • フレッツADSLプラン選び
    • 加入電話未設置の方
    • 開通までの流れ
    • よくある質問
  • フレッツISDN
  • フレッツ光ネクストビジネスタイプ
  • 光・ADSLどっち?

付加サービス

  • ひかり電話
  • 光ポータブル
  • 光iフレーム
  • フレッツ・スポット
  • フレッツ・スポット(西日本)
  • リモートサポートサービス
  • フレッツ・ウィルスクリア
  • ライセンスプラス
  • フレッツ・ミルエネ
  • フレッツ・エコめがね

映像サービス

ストレージクラウドサービス

OCNプロバイダ

OCNビジネス

電話サービス

会社案内

  • 携帯電話専用サイト
  • スマートフォン専用サイト
災害時用伝言ダイヤル

フレッツADSLのプラン選び 【7つのプラン!どれにしたらいいの?ズバリ回答】

 

光はADSLよりも安い!

 

フレッツ光 東日本ページへ フレッツ光 西日本ページへ

まずは伝送損失をチェック

●ADSL速度は、NTT収容局からご利用の場所までの距離に応じて、速度が変化します。
距離が大きくなると速度が低下し、これを伝送損失といい、この伝送損失は下表のように低下します。
もしお客様のご自宅がNTT収容局から離れている場合、高速プランのフレッツADSLであっても、下の伝送損失に従って実際は思ったほど速度が出ません。

まずは、ご利用になる場所での伝送損失とADSL速度期待値はどのくらいか、下から調べてみましょう。 電話番号をお持ちでない方は、近所の店の電話番号などを入れてご確認ください。


-伝送損失チェック-


伝達速度期待値

参考

伝送速度と伝送損失の関係について

伝送損失の速度とプランについて

速度とコストを見極めて選ぼう

12M〜47Mプランの料金はさほど変わらない

最近では高速化とともに低価格化も進んできており、12〜47Mbpsの範囲の価格差は100円にも満たない程度です。速さを狙うのであれば迷わず47Mを選んでおきましょう。

→ 結論その1:速度重視派は47Mへ直行せよ!

 

伝送損失30dB以上からが光インターネット検討ライン

伝送損失30dBまでなら、ADSLで快適なインターネットが楽しめます。しかし、31dB以上と結果が出てしまった場合は、光回線のインターネット導入をおすすめいたします。(参考:伝送損失の速度とプランについて
動画の閲覧が不安定になったり、デジカメで撮った画像などをやり取りするとき不安定な回線は考えもの。

 

→ 結論その2:これからインターネットをはじめるなら光がおすすめ!

フレッツ光

オペレーターが最適プランをお選びします

まずは下記フリーダイヤルにコール下さい。オペレーターが最適プランをお選びいたします。

 

 

お住まいのエリアを選択してください

「東日本」にお住いで「ADSL」新規申込

フレッツADSL

「西日本」にお住いで「ADSL」新規申込

フレッツADSL